その他

YBIT広報担当の原田です。

早いもので4月になりました。

ybitの年度始まりは6月になりますが、一般的には4月が年度始まりとなりますね。

学生も社会人も新一年生がたくさんです。

わたしも新社会人に負けないくらいのフレッシュな気持ちで頑張ります!

さて、3月は出先が多かったので各現場の桜の写真を撮ってまいりました。

まずは、毎年恒例中目黒の目黒川の様子。

image3

相変わらず綺麗ですね!

混雑するのも納得です。

次に、大手町の様子。
image4

皇居が開放されておりましたが、時間がなかったので外苑からとなりました。

来年は皇居内を見れたらと思っています!

最後に本社を構えるみなとみらいの様子。
image1
image2

全体的に言えるのは、カメラアングルが微妙でしょうか。

でも、お花見は写真よりも実際に見て感じるのがよいですね!

心地よい天気が続く季節。

外に出て春を満喫してみては如何でしょうか。

それではまた。

今回は特別に見せちゃいます。

お久しぶりです。インフルエンザから復活した加藤です。

今日は私の部のミーティングで行われる勉強会の一部をお見せしたいと思います。

なお、私は前述の通り自宅休養していたわけですが、その間もコンピュータやネットワーク関連のことが気になって堪らず、布団の中でSSL(https://)をAWSに実装するにはどうすればいいかネットで調べておりました。
ですので、今回の勉強会では急遽Webサイトのセキュリティ対策について勉強会で熱く語らせていただきました。

さて余談は置きまして、今回のメインテーマは「AI」です。

sys4_bukai_201802

前回のテーマが「ブロックチェーン技術」でしたので、流れとしては一気にSFに近くなりましたね。

それもそのはず。トーク中も「AIって人間型のアンドロイドがホログラム表示されているSF映画のようなイメージがある」と言う発言が多かったです。
私はこのスライドを見て「AIは単純なITの先にあるもの。私の仕事はAIに奪われてしまうかもしれない」と感じました。
将棋の棋士からトラック運転手、翻訳家やレジ担当まで様々な職業を置き換えてしまう可能性があるAIに仕事を奪われないように、いや逆にAIを使役して仕事力向上に繋げられるようにしたいですね。

私はたまに「漢字」を忘れてしまうし、最近も「Thursday 」のスペルが分からなかったので、既にAIやITに負けてます。頑張りたいと思います。

次回の部会も楽しみです。

それと皆様もインフルエンザにはお気をつけくださいね。
特にお子さんを育てながら働いてる方は大変かもしれませんが、
ぜひ手洗いうがい水分補給を!

Ybitからの雪景色

こんにちは 広報担当の馬場です。

昨日、関東は大雪となりましたね。
皆さん無事に帰宅出来ましたか?

Ybit社員も各自、早めの帰宅をしました。

DSC_3617
22日(月)夕方、桜木町の駅の様子です。

私の自宅は桜木町から厚木方面に電車で30分ほど行った所ですが…

DSC_3631
夜18時頃には子供の膝くらいの高さまで積もっていました。
(人通りが少ない場所ですが積もりすぎ…笑)

週末に行ったスキー場の(人口)雪よりも雪が沢山でさらさらでした(笑)

子供を迎えに行くのに、スノーウェアを持っていって…
帰り道は楽しい時間でした(親は大変…)

DSC_3640
23日(火)朝の社内からの景色です。

駅前はどなたかが雪かきしていて下さったおかげで
滑る事無く出勤できました。ありがとうございます。

DSC_3644
23日(火)お昼過ぎの景色♪

太陽の力って凄いなー!と改めて感じた瞬間でした♪

今週は朝方や夜は冷えこむそうです。
雪解け水が凍ったりしていますので、しばらくは足元にご注意下さいね。

大変ですけど、たまには雪の日も楽しいですよね♪

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

さて、お正月はゆっくり過ごすことが出来ましたか?

Ybit社員の方で長いお休みを取られた方は…なんと!!

10連休の方もいらっしゃいました!

私も長いお休みを頂き、ゆっくりとお正月を過ごせました。
姪っ子甥っ子が7人もいるので我が子を含め賑やかなお正月となりました。

お正月が明けて、仕事始めをされた方がほとんどかと思います。
寒の入りとなり暫く寒さが続きますが、体調など崩されないようにお気をつけ下さい。

Ybitとしては1月4日が仕事初めとなりました。
ランドマークタワーでは振る舞い酒の催しがありました!
『福寿を招く』と言われるお正月の縁起行事で、Ybitの1年の始まりをお祝いすることが出来ました。

DSC_3353

本年も横浜ビットシステムをブログを始め、多方面からも盛り上げて行きますので
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年1月   Ybit広報担当 馬場

クリスマスプレゼント

こんにちは。
ybit広報担当の馬場です。

クリスマスまでもうすぐですね。
皆さんはサンタクロースにお願い事はしましたか?

私の娘の今年のお願い事は”アニメの変身アイテム”をお手紙に書いていました。
手紙を枕の下に入れて…朝起きると無くなっていました!娘大喜び!(笑)

クリスマスまでいい子にしていられるかな?
去年のクリスマスの話を1つ。
去年、娘がクリスマスプレゼントに選んだのは”人形の折りたたみハウス”でした。
子供が入って遊べる大きさなので、持ち運びも大変だし買うタイミングが見つからず前日に…
仕方なくネットで購入しましたが、翌日午前中指定…何時に来るかは分かりません。

翌朝起きても枕元に何もない…焦った私は思いつきました!
サンタさんのクレーム処理術を…(笑)

”無料通話アプリ”から誰も使っていないアカウント宛てにメッセージを送りました。
もちろん、名前を”サンタクロース”に変更しました(笑)

「○○ちゃんへ
メリークリスマス!
プレゼントおそくなってごめんね。
じつは、トナカイさんのおはながあかくならなくて
みちがわからなくなってしまったんだ。
でも、だいじょうぶ!
たっきゅうびんのおにいさんに
プレゼントおねがいしたから
もうすこししたらとどくとおもうよ!
おそくなってごめんね。
サンタクロースより」

メッセージを見た娘は

「サンタさん道に迷ったんだって!
トナカイのお鼻が赤くならなかったんだって!
宅急便のお兄さんがプレゼント持ってきてくれるって!」

とニコニコしながら教えてくれました。

去年のクリスマス、4歳の娘が文字が読めてよかったと心から思った日でした。
今年のクリスマスプレゼントは…大丈夫そうです♪

クリスマスイベントをされない方も、プレゼントがない方も楽しい週末を過ごして下さい。
皆さんの1年の最後が笑顔で締めくくれますように♪

2017年も残りわずか…

こんにちは
広報担当の馬場です。

12月に入り2017年も残りわずかとなりました。

皆さんは、今年はどんな1年でしたか?

Ybitには今年も新しい仲間が数名加わりました。
そんな私もそのうちの1人です。

入った時期は皆異なりますが、来年も皆でYbitを盛り上げていきたいと思います!!

12月に入り、クリスマスの雰囲気でとても賑やかになっていますね。

ランドマークタワーではクリスマスパーティが開催されています♪
せっかくなので、ランドマーク1階にあるツリーを撮影してきました!

ツリー

いつも、目の前を通るたびに皆さんが写真を撮っています。
離れて見ても、近くで見ていても飽きなくてとても綺麗です。

いつか、こんな大きなツリーを家に飾りたいと思っています!!
夢は大きく!…家の中か外かで色々かわってきますが…大人の事情も踏まえて…笑

お近くにお越しのは、是非本物を見てみてくださいね!!
イベントの詳細は公式HPからどうぞ♪

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

LANDMARK Bright Christmas 2017
~あなたとピーターラビット™ のクリスマスパーティー~
11月7日(火)~12月25日(月)まで

公式HPはこちら

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

ハロウィン

こんにちわ。YBIT広報担当の原田です。

もうすぐハロウィンですね。

仮装って日常から離れた非現実的な感覚で、みんなで騒いで楽しいですよね。

川崎では、とても大きなハロウィンイベントがあり、わたしも以前パレードに参加したこともあります。

でも、今年は週末になると雨、台風が続いていて、寒い日が続いていて外に出にくいです。

そんな時には、本屋やブックオフなんかで買い込んだ、まだ読んでない本がたくさんあります。

ビジネス書に、小説、哲学書など。

雨の日には、たまった本を読んでいくのもよいですね。

それではまた。

世界デジタルカンファレンス2017

こんにちは。ybit広報担当の原田です。

気づけばもう9月に入りましたね。

今年の夏は全体的に雨が多く涼しい気温だったため、夏があっという間に過ぎ去ってしまった印象です。

それでも、この熱はまだまだ冷めないのではないでしょうか。

「IoT」「AI」

遡ること7月の話になりますが「世界デジタルカンファレンス2017」に行ってきました。

テーマは「共創社会を支えるクラウド、IoT、AI」

10:00~12:30が午前の部

13:20~16:30が午後の部の2部構成でしたが、

講演者の方々は、普段接することのできない錚々たるメンバで、IoT,AIの技術についての現在、未来を話す講演会となっておりました。

AIなどは、少し漠然としていて、いつか満を持して発表されるイメージがありましたが、

すでにストリーミングサービスなどで実用化されていて私たちの生活に浸透しているようですね。

時代の変化はいつも自然で、気づいたときはそれが当然のことのようになってるものです。

その時に自分がどういうポジションにいて、どういう価値をもって、どう生き残っていくか。

既成概念に囚われず常にアンテナを張って流動的に常識を変化させていくことが大事ですね。

また、ある講演者の方はいつの時代も最新技術のトレンドを、技術の取り込みが目的になってしまうことが多々あることに注意を促していました。

生活の分断された行動に技術を取り込むのではなく、新しいカスタマーファーストの考え方は、生活の一貫性をサポートできるように考えることが重要とも話しておりました。

初期費用や運用コスト等を考慮し効率を上げるためにはAIやIoTなどは必ずしも必要でない。

顧客の立場に立ってなにかを提案できるのは、やはり人でないと難しいのではないでしょうか。

最後には「クロージングセッション」。

刺激的な会話でしたが、日本のトップ(イコール世界のトップですね)。その中で戦ってきた人達の言葉。

厳しいながらも未来を拓くパイオニアとして、日本の未来を真剣に考える力強さがありました。

少しだけでもその方々の思考回路に肖りたいものです。

それではまた、次回の講演会のレポートで会いましょう。

夏休みの過ごし方

皆さまこんにちは。YBIT広報担当の林です。

8月も残りわずか、夏休みはいかが過ごされたでしょうか??

私の職場では長期で旅行に行かれる方もいて、お土産のお菓子をいくつかいただきました。

一方私はと言うと、家族とちょっとしたランチを楽しんだり、最近買ったすごろく的?なボードゲームで遊んだりと、今年の夏休みはゆーっくりと過ごしていました。
ボードゲームは子供に惨敗、、子供相手でも負けるのは悔しいものですね!

8月と言えば、上旬に会社近くで楽しそうなイベントをやっていました。

2017_summer
記念にランドマークタワーと一緒にパシャリ。
このイベント、毎夏恒例で今回でなんと4回目!?の開催のようです。

もう少しで9月になりますが、まだまだ暑い日も続いていますので体調にはご注意ください。

科学アートデザインの実験 合同シンポジウム

こんにちは。YBIT広報担当の原田です。

先日、久しぶりに渋谷に出かけることになりました。

向かった先は、渋谷ヒカリエで開催された「科学・アート・デザインの実験」

東京工業大学とロンドン芸術大学の合同シンポジウムになります。
image2

image31

きっかけは池上彰氏が出席されるとのことで観覧してまいりました。

シンポジウムの核となるのは、各分野における作業工程の手法、観点、価値観などを共有することが今後の将来に必要であり

それを実験という1つのテーマで共有しようというコンセプトの元、このシンポジウム自体が実験的なものとなっておりました。

入場時は同時通訳のイヤホンを手渡されるのですが、

まず驚いたは、約200人ほどの観覧者が集まり学生も多くいる中で、ほとんどの方が同時通訳イヤホンを持っていないんですね。

テクノロジーの進化で言語の壁はなくなるかも知れませんが、ツールを持たずに相手を理解をするためには英会話能力は今以上に必須になることを痛感しました。

考えてもみれば、利便性の追求による技術的な規格の統一化があれば、言語の統一化も至極合理的なんですよね。

スケジュールは以下のとおり。
13:00 開会式
13:30 セッション1:デザインと産業
15:00 休憩
15:30 セッション2:アートと科学技術
17:00 キーノートセッション
18:00 閉会式

ここでの驚愕の事実は、スケジュールを見て初めて池上彰氏の出席が17:00キーノートセッションと知ったことです。

長い。。

でも、この日のために土曜はいつも一緒に遊んでいる子供二人を保育園に預けてきたので、これから聞き入るものすべてを自分の糧にしなければいけない。

という心構えで開会式から参加いたしました。

セッション1は、建築家、ファッションデザイナー、テキスタイル専門のスピーカーが登壇。

セッション2では、アーティスト、ロボット工学、バイオテクノロジー(粘菌)専門のスピーカー。

最後のキーノートセッションでは、通訳学、分子ロボット、社会学。

形式は各有識者がそれぞれの分野での実験に纏わるプレゼンテーションを発表。

その後、セッションに移るのですがここでも英語が飛び交う。

同時通訳の限界を感じました。。

プレゼンテーションでは、とても面白い内容が目白押しでした。

ひとつは粘菌を実験にした話。

今回、粘菌を初めて知ったのですが、粘菌とは、神経も脳も持たない単細胞生物です。

原始的生物にも拘わらず、知能をもち、学習し、思考することがわかった実験でした。

実験では関東首都圏をモデルした模型を用意して、各主要駅に位置する場所に餌を置きます。

東京駅の位置に粘菌を置いたところ、現在の関東の交通網と似たルートで繁殖したとのことでした。

餌までの最短距離を導き出して繁殖していったのです。

この研究が進めばいずれはバイオテクノロジーとして広く使われていくのではと期待されているようです。

そのほかのプレゼンもとても面白く、弊害があるとすれば英語が理解できなかったというところ。

セッションでは、事前に挙げられていた、

実験の終了の判断とは、実験の回数の定義、実験の成功と失敗とは、などの質問についての討論になります。

質問のうちの一つで、実験が成功したことの判断は。について。

実験の結果には想定通りにならないことを失敗とするのは安直であり、別の結論が付けばそれも成功とのこと。

つまりは、

当初の仮説と離れた結果でも、その結果が有効なものであれば失敗と定義されないことのでした。

それが意味するのは、実験に費やした時間、労力に対して、結果の価値が伴う、もしくはそれ以上のときにその実験は成功といえるのではと考えました。

それは商業的であればあるほど、その関係性は強くなるのではないでしょうか。

技術的カテゴリの実験では、答えに対する法則を導くための実験に対して、

ファッションデザインでは、実験に対する結果が答えになるような気がします。

これを混じり合わせるのは実験と結果のアプローチと合わせて、根本的な考え方を共有することも必要なのでしょうか。

冒頭で記載したように今回のシンポジウムが実験的要素を含んでいる場合、シンポジウムの成功がどういったものかを考えてみると、

参加していた方々が、そこで何を考えて、何を得て、どう活かすかによって、成功が決まるのではないでしょうか。

私の場合は、成功と言えるまでの成果は出せないかも知れませんが、考える要素を頂いたので自分自身少し成功したかなと考えております。

最後に、ある分野で実績を出した人たちの言葉には説得力がありとてもに勉強になりました。

聞きながらも自分なりの答えも常に考えておりました。

あるスピーカーはこうおっしゃっておりました。

実験に対するバイタリティとは常に考えることだと。

日常で当たり前のように見過ごすことでもよく観察して考えることが重要と。

日々生活している中では出会えない一流の人の会話を聞くと、世界の広さを感じると同時に自分の無知を知りました。

皆さんも日々アンテナを張って、分野に囚われずに興味を持ってみては如何でしょうか。

会場を出るころには日も暮れて、座り続けたせいかお尻も痺れておりました。

次はどんなイベントに参加できるのか、どんな話が聞けるのか、期待に胸を躍らせてこれからも面白い場を探していきたいと思います。

image1