世界デジタルカンファレンス2017

こんにちは。ybit広報担当の原田です。

気づけばもう9月に入りましたね。

今年の夏は全体的に雨が多く涼しい気温だったため、夏があっという間に過ぎ去ってしまった印象です。

それでも、この熱はまだまだ冷めないのではないでしょうか。

「IoT」「AI」

遡ること7月の話になりますが「世界デジタルカンファレンス2017」に行ってきました。

テーマは「共創社会を支えるクラウド、IoT、AI」

10:00~12:30が午前の部

13:20~16:30が午後の部の2部構成でしたが、

講演者の方々は、普段接することのできない錚々たるメンバで、IoT,AIの技術についての現在、未来を話す講演会となっておりました。

AIなどは、少し漠然としていて、いつか満を持して発表されるイメージがありましたが、

すでにストリーミングサービスなどで実用化されていて私たちの生活に浸透しているようですね。

時代の変化はいつも自然で、気づいたときはそれが当然のことのようになってるものです。

その時に自分がどういうポジションにいて、どういう価値をもって、どう生き残っていくか。

既成概念に囚われず常にアンテナを張って流動的に常識を変化させていくことが大事ですね。

また、ある講演者の方はいつの時代も最新技術のトレンドを、技術の取り込みが目的になってしまうことが多々あることに注意を促していました。

生活の分断された行動に技術を取り込むのではなく、新しいカスタマーファーストの考え方は、生活の一貫性をサポートできるように考えることが重要とも話しておりました。

初期費用や運用コスト等を考慮し効率を上げるためにはAIやIoTなどは必ずしも必要でない。

顧客の立場に立ってなにかを提案できるのは、やはり人でないと難しいのではないでしょうか。

最後には「クロージングセッション」。

刺激的な会話でしたが、日本のトップ(イコール世界のトップですね)。その中で戦ってきた人達の言葉。

厳しいながらも未来を拓くパイオニアとして、日本の未来を真剣に考える力強さがありました。

少しだけでもその方々の思考回路に肖りたいものです。

それではまた、次回の講演会のレポートで会いましょう。

カテゴリー: その他 パーマリンク